glocal records
   
  cart
 

  • Social
  • The arrival of the month
■ THIS MONTH !
■ LAST MONTH !
last up date 2024-5-1
every 1st Monday
Blog

glocal blog

Services

shipping

layaway

paypal

Special Edition

Special Edition

Shop Info

GLOCAL RECORDS
23-5 Cinquieme A-3F, Jingumae 5, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001 JAPAN

TEL: 090-3807-2073
E-MAIL: info@glocalrecords.com




Result of [ カリンバ ]

  Page :   1   2   3   4   5   6    NEXT >>


DR80340


BOB HOLROYD
AFRICAN DRUG
label : BHV / format : 12inch
condition : 中古 RD-EX / JKT-EX

FRANCOIS K.『ESSENTIAL MIX』に収録されるなど、今なおカルト的な人気を誇るBOB HOLROYDの94年リリース・シングル。変則的なシャッフル・リズムに、アフリカの打楽器をはじめとした様々な鳴り物や、民族チャントが絡んだエスノ・トライバル・ナンバー "1994 REMIX" 。アフリカン・パーカッションとカリンバの美しい旋律がミニマルに展開するオーガニック・アンビエント・ナンバー "ORIGINAL MIX" 。両面どちらも時代を選ばない素晴らしい仕上がりとなっております!

1. African Drug (1994 Remix) / 2. African Drug (Original Mix)(24may03)<-font>(24may03_17)<-font>


BREAKBEATS / ORGANIC GROOVE
試聴:SAMPLE 1 / SAMPLE 2 
¥2,180

DR80314


THE ALLENKO BROTHERHOOD ENSEMBLE
ALLEN FRESH
label : COMET RECORDS / format : 12inch
condition : 中古 RD-EX+ / JKT-EX

フランスのレーベルCOMET RECORDSからリリースされた、アフリカン・ミュージックの重鎮TONY ALLEN率いるユニットTHE ALLENKO BROTHERHOOD ENSEMBLEによるシングル。

粘着力のあるベースラインにスピリチュアルなシンセやミニマルな上音、アーシーなホーンが絡み展開したミッド・テンポのアフロ・グルーヴ「ALLEN FRESH」。オーガニックなカリンバのリフレインとヒップホップスタイルのフロウが一体となった新感覚のアフロ・サウンド「RIGHT HERE IN FRONT OF ME」。※盤面にスリキズあり。

1. Allen Fresh / 2. Right Here In Front Of Me / 3. Right Here In Front Of Me (Inst)(24may03)<-font>(24may03_16)<-font>

BREAKBEATS / ORGANIC GROOVE
試聴:SAMPLE 1 / SAMPLE 2 / SAMPLE 3 
¥1,280

DR78573


FINAL DROP
MIMYO
label : DEEP GROUND / format : LP
condition : 新品

Final Drop 20年ぶりの新作「Mimyo」が、11月3日開催の "レコードの日" に12インチレコード重量盤で発売!(ライナーノーツ付き)

必然の偶然か、偶然な必然か。
屋久島より20年の時を超え
未来に解き放つ
大自然からのメッセージ!

1993年、日本初の世界自然遺産として屋久島が登録されてから30年を迎えた2023年。

そして DJ KENSEI、GoRo the Vibratian、Kaoru Inoue、KND を中心に制作された知る人ぞ知る名盤 Final Drop「elements」(2003年発売) から20年が経った現在の世の中はどうなっているだろうか?

あらゆるものが便利に手に入るようになった私たち現代人は、さまざまな情報に絶えずさらされるあまり、自然とふれあい、楽しみ、感性を磨くような生活をしているだろうか?

Final Drop の最新作「Mimyo」を聴くと、こうした普遍的で大切な何かに気付かされる。

「Mimyo」の制作は2023年1月、多彩なセレクト / サウンドコントロールによって、オリジナルな音空間を作り出す、日本を代表するトップDJの DJ KENSEI と、ディジュリドゥ、カリンバ、口琴、笛、ハンドパン、パーカッション、自作の楽器を操るバイブレーションアーティスト GoRo the Vibratian の20年ぶりの再会から始動した。

普段はそれぞれソロアーティスト / DJ、ミュージシャン、音響エンジニアとして国内外で活躍する DJ KENSEI、GoRo the Vibratian、Kaoru Inoue、KND の4人が、2002年に屋久島でフィールドレコーディングを行なった際に保存した膨大な量の音源ファイルを、京都アンダーグラウンドシーンに君臨する最重要バンド、SOFT のメンバーであり電子音楽家 / プロデューサー / サウンドエンジニアの KND が今回 DJ KENSEI から話を受けてとりまとめ、それを基盤にして DJ KENSEI と GoRo the Vibratian の二人が新たに構築、制作、そしてミックスを行なった渾身の作品だ。

--------------------------------------------------------------------------
A面はタイトル曲の「Mimyo」(微妙)

屋久島ならではの瑞々しい川や滝、浜辺に打ち寄せる波の音など、水の音のミックスから始まり、海水を叩くリズム (ウォータードラム)、そして風の音とベトナムの口琴、浜辺でのジャワの笛の演奏など、自然と一体となったリズムや音階、メロディーを堪能できる17分超えの大作になっている。あらゆる生命の源である 'いのちの水'、夜の鈴虫と昼間のセミの鳴き声、海と夜空の風と小鳥のさえずり、無心の笛のメロディーなど、屋久島の美しい情景が自然音と音楽と共に心に浮かんでくる。

--------------------------------------------------------------------------
B面は「Space Time Polyrhythm」(時空間ポリリズム)

セミの鳴き声から始まり、GoRo the Vibratian が30年以上前にタイで放浪の旅をしていたときに作り、それ以来演奏してきた楽器カリンバの演奏、それとは別に録音したディジュリドゥと太鼓 (両方とも自作) の演奏、ベトナムの口琴の演奏が、屋久島の自然界に溶け込んでいくような力強い作品。ウミガメが産卵のときに砂をかき分けながら苦しさのなかで出る息の音、カブトムシの羽ばたく音など都会で暮らしているとまず聞くことのない自然音や、4人がみんなでやった手拍子などもミックスされた、こちらも1曲17分の、でも実際に現地に行ったかのような錯覚さえ覚える、臨場感溢れる大作になっている。

--------------------------------------------------------------------------
マスタリングは2曲とも電子音楽家・サウンドエンジニアの KND によるもの。

DJ KENSEI、GoRo the Vibratian によるミキシングは、徹底的に音のクオリティを追求した結果、7日間以上行なわれたそうだが、そのあとの KND によるマスタリングも幾度となく行なわれたとのこと。

国内外で最前線かつ最深部にまで活動の場を広げるDJ、ミュージシャン、サウンドエンジニアの面々によって、屋久島の自然そのままのネイチャーサウンド、そして様々な民族楽器の生演奏が自然音と一体となった、独創的かつ美しい音楽作品が創られた。

すべての生命は自然と共にあり、循環し、豊かに力強く共鳴している。

その絶妙なバランスのもと私たちは生かされ、過去・現在・未来もこの事実は変わらない。

私たち現代人に贈られる、屋久島より20年の時を超え、未来に解き放つ、大自然からのメッセージ!

世界でも類を見ない独創的、そして美しい音楽作品 Final Drop の最新作「Mimyo」は、東洋化成の新レーベル "DEEP GROUND RECORDS" から、2023年11月3日開催の "レコードの日" に12インチレコード重量盤で発売!

--------------------------------------------
【Mimyo | 微妙 とは】

趣深く、何ともいえない美しさや味わいがあること。また、そのさま。みみょう。

細かいところに美しさ・問題点・重要な意味などが有って、単純な論評を許さない様子。

--------------------------------------------
【Final Drop:プロフィール】

多彩なセレクト / サウンドコントロールによって、オリジナルな音空間を作り出す、日本を代表するトップDJの一人である DJ KENSEI と、ディジュリドゥ、カリンバ、口琴、笛、ハンドパン、パーカッション、自作の楽器を操るバイブレーションアーティスト GoRo the Vibratian を中心に、京都アンダーグラウンドシーンに君臨する最重要バンド、SOFT のメンバーであり電子音楽家 / プロデューサー / サウンドエンジニアの KND、辺境愛に満ちたオーガニックなエレクトロニック・サウンドが話題を呼ぶ、DJ / 音楽プロデューサーの Kaoru Inoue (Seeds And Ground / Chari Chari) など、さまざまなクリエイターが離合集散する変則的な音楽集団。


1. Mimyo Listen! / 2. Space Time Polyrhythm(23nov01)<-font>(23nov01_02)<-font>


JAPANESE / ORGANIC GROOVE
試聴:SAMPLE 1 / SAMPLE 2 
¥0

DR76464


FELIX LABAND
WHISTLING IN TONGUES
label : COMPOST RECORDS / format : 12inch
condition : 中古 RD-EX+ / JKT-G

南アフリカのプロデューサー、FELIX LABANDのリミックス・シングル(06年)。フローティングなシンセにカリンバの音色を絡めダビーに仕立てた極上バレアリック・ナンバー「WHISTLING IN TONGUES (TODD TERJE REMIX) 」(SAMPLE 1)は、TODD TERJEのベスト・ワークともいえる素晴らしい仕上がり。ZZK RECORDS諸作にも通じる音響オーガニック・サウンドに調理した「RED HANDED (MARKUS WORMSTORM REMIX)」も抜群にカッコ良し!※ジャケットに痛みあり。

1. Whistling In Tongues (Todd Terje Remix) / 2. Red Handed (Markus Wormstorm Remix) / 3. Minka (Sibot Remix) / 4. Minka (Original Version)(23mar01)<-font>(23mar01_09)<-font>


TECHNO & HOUSE
試聴:SAMPLE 1 / SAMPLE 2 / SAMPLE 3 
¥0

DR76419


SMILE TONE
SMILE TONE
label : RHYTHM CONNECT RECORDS / format : LP
condition : 新品

湘南・4ピース・インストゥルメンタルバンド“smile tone” ロック、ファンク、ジャズ、アフロ、テクノなどの 音楽的バックボーンを混ぜ合わせ、湘南発のグルーヴ感をまぶした、 4ピースバンドによる踊れるダンスミュージック!

シンセサイザー、ギター、ベース、ドラムの4ピース・インストゥルメンタルバンド。メンバー全員が 40 代に 突入した中年ながら、湘南で生まれ育ち、培ったグルーヴと、ロック、ファンク、ジャズ、アフロ、テクノなど の多様な音楽的バックボーンを武器に、渋くも踊れるダンスミュージックを鳴らす。

本作は、5曲のオリジナルと1曲のリミックスを収録し、重量盤 LP として自主レーベル「Rhythm Connect」よ りリリース。

B - 1 にはゲストミュージシャンとして Segawa Tatsuya (from deeptuber)のトランペット、カリンバをフィー チャーしディープなダブ、ジャズロックが表現されている。B – 3 では、アフロロックな A – 2 “Don’t judge with your eyes”を、ニトロマイクロフォンアンダーグラウンド のリミックスなどで手腕を発揮する Tyme./Tatuya Yamada によるリミックスを収録。原曲のベースをフィーチ ャーした踊れるディスコサウンドへ昇華している。

ゲストミュージシャン、レコーディング〜マスタリング、アートワークプロデュースの全てで、地元湘南のエン ジニア、アーティストに参加してもらい、ローカルな作品が完成。



1. Mars / 2. Don't judge with your eyes / 3. Up draft / 4. Yellow / 5. 不自由への疾走 / 6. Don't judge with your eyes-Remixed by Tyme. / Tatsuya Yamada(23mar01)<-font>(23mar01_02)<-font>(23mar_reco)<-font>

JAPANESE / REGGAE & DUB / NEW RELEASE(新譜)
 
¥2,500

DR75775


NURI
FRFRFR / FAZA
label : LITTLE BEAT MORE / format : 7inch
condition : 新品

イタリア人DJ/プロデューサーのWOXOW主宰レーベルLITTLE BEAT MOREからリリースした、チュニジア出身のパーカッショニスト/コンポーザーNURIによるシングル。

柔らかく躍動しながら乱れ打つパーカッションが、エレクトリックなカリンバやオリエンタルな笛のフレーズが絡み合うトライバル・ベースを披露する「FRFRFR」。4/4のキック音を軸に幾つものパーカッションがレイヤーされるトランシーなトライバル・ブレイク「FAZA」。トラバル・マッドネス!

1. Frfrfr / 2. Faza(22dec04)<-font>(22dec04_19)<-font>

少数のご注文(CDもしくは7インチのみ)はクリックポスト(日本郵便)がオススメです!

BREAKBEATS / ORGANIC GROOVE
試聴:SAMPLE 1 / SAMPLE 2 
¥0

DR71751


DJ SPOOKY THAT SUBLIMINAL KID + TOTEMPLOW
KAOTIK: TRANSGRESSION
label : MANIFOLD RECORDS / format : 12inch
condition : 中古 RD-EX / JKT-EX

数々のレーベルより多数の作品をリリースするDJ SPOOKYによるMANIFOLD RECORDSからの98年作。

ドラムン・ベースをDJ的な手法でアートフォームに仕上げたSAMPLE1、ベースにディレイやリヴァーヴで音響処理を施し、現代音楽的なアピールをしたSAMPLE2、ミニマルにリフレインするカリンバのメロディに、不協和音やリズムのダブ処理でフックをつけたSAMPLE3なども収録。

1. Stereophonic Sound / 2. Transgression / 3. City Of God / 4. Eracism / 5. Myob / 6. Transient Pagan / 7. Hallucination (Dance Mix) / 8. Trans=out(21sep02)<-font>(21sep02_07)<-font>

BREAKBEATS
試聴:SAMPLE 1 / SAMPLE 2 / SAMPLE 3 
¥0

DR71318


PENYA
PENYA
label : LIMINAL RECORDINGS / format : LP
condition : 新品

カリンバの特徴的なトーンを特徴に、ダブ、ダウンビート、さらにはディープ ハウス好きなども巻き込むサウンドでUK的な洗練されたトライバル・ビートを展開してきたペーニャが自主レーベルを立ち上げ、待望となる2ndアルバムをリリース。

プロデューサーのマグナス P.I. は前作をリリースしたのちにハバナで半年を 過ごし、そこでの経験に触発され、様々な地域の人々との繋がりを求めるよう になったという。そうしてモロッコ、トルコ、インド、タンザニアといった地 域の多種多様なパーカッションに対するアプローチを習得していったマグナス の影響が、ペーニャの音楽的ベースにあったキューバ音楽的エッセンスと融合し、生み出されたのが本作です。モロッコのベンディール、インドのドールド ラムとタブラ、さらにはマリンバ、ビブラフォンなどなど、あらゆる場所からもたらされた無数のサンプリング音と電子音を丁寧に交通整理しながら再構築。

SAMPLE 1 (1/2 曲目)
SAMPLE 2 (3/4 曲目)
SAMPLE 3 (5/9 曲目)

1. Elevation / 2. False Prophets / 3. Trail Of Awó / 4. Baba Meyi /5. The Dazzling One / 6. Therapist / 7. The Lovers / 8. Poco Pello / 9. La Mér(21july03)<-font>(21july03_22)<-font>(21july_reco)<-font>

BREAKBEATS / ORGANIC GROOVE
試聴:SAMPLE 1 / SAMPLE 2 / SAMPLE 3 
¥0

DR67237


関根真理
BEGINNING C/W LENA WILLIKENS REMIX
label : EM RECORDS / format : 12inch
condition : 中古 RD-EX+ / JKT-EX

ナナ・ヴァスコンセロス meets 高田みどり!?!多重録音楽団ひとりの人外魔境探検から生まれたアンビエント密室エキゾ幻想のダンスミュージック、静と動が繊細かつ大胆に交錯する脅威の作品「Beginning」。カップリングはあのLena WillikensのREMIX!

バンドに舞台に活躍するパーカッショニスト、関根真理の世界デビュー作をエム・レコードよりお届けします!カリンバ、マリンバ、ウドゥ・ドラム、ダラブッカ、ジェンベ、トーキングドラム、カホン、ビリンバウ等々、優に15種以上の打楽器をひとり多重録音で操り、テープ逆回転やヴォイスと組み合わせ出現させた10分超の大作であるこの「Beginning」は、驚くことなかれ、なんと関根の初の「ソロ」レコーディング曲なのだ。そして関根のミュージシャンシップが昨日今日で培われたものでないことはこの曲を一聴すれば明らか。近年最大の隠れた才能の開花といえそうな、高田みどりのファンも驚きを持って迎えてくれるだろう大注目作だ。マルチ・パーカッション奏者の多重録音作は現代音楽にもあるが、ここまで圧倒的なパワー、しかもホームリスニングからフロアにまで対応する作品はかつてあっただろうか。制作中の1stアルバムにも期待大!

カップリングは大人気DJ、レーナ・ヴィリケンスによるREMIXで「Beginning」のトライバル成分を抽出した怒濤のファンキー・アッパー・カット!

※なお「Beginning」は彼女の1stシングル「midori」(Tongs International)として発表した曲を録音当初の原題に戻し、およそ3倍近くエクステンドして別構成にリワークしたもの。※盤面にスリキズあり。

1. Beginning (original long version) / 2. Beginning (Lena Willikens Remix)(20mar01)(20mar01_05)


JAPANESE / ORGANIC GROOVE
試聴:SAMPLE 1 / SAMPLE 2 
¥0

DR65446


V.A. (LEAD WITH THE BASS / BOOZOO BAJOU)
HALLWAY / DIVERS
label : STEREO DELUXE / format : 12inch
condition : 中古 RD-EX+ / JKT-EX+

FLORIAN SEYBERTH、PETER HEIDERの2人からなるBOOZOO BAJOUとLEAD WITH THE BASSとのスプリットシングル。

繊細なエレクトロニクスとカリンバのような音色が、心地よく幻想的な音世界を作り出す1。2は1にビートを加えた荒削りでジャズの要素も伺えるブレイクビーツを披露。3はBOOZOO BAOJOU特有のスモーキーな音空間にエレクトリック・ファンクとレゲエ&ダブが見事に融合したオーガニック・ダブ・ブレイクビーツを披露!素晴らしい!※ジャケット背の部分に底抜けあり。盤面にスリキズあり。

1. Lead With The Bass – Hallway (Beatless) / 2. Lead With The Bass – Hallway / 3. Boozoo Bajou – Divers(19sep04)(19sep04_27)(dbb)

BREAKBEATS / ORGANIC GROOVE
試聴:SAMPLE 1 / SAMPLE 2 / SAMPLE 3 
¥0

  Page :   1   2   3   4   5   6    NEXT >>
注目キーワード

Glocal Recordsで注目のキーワード一覧です。トレンドをチェックしたり、気になるキーワードから在庫商品を検索することができます!随時更新中!


PICK UP!!!







































supported by Somar Web System Powered by groundstepper